平成18年度 食肉処理施設総合改善効率化技術開発事業


開発 開発課題名 開発組合員名 開発内容
18-01 豚炭酸ガス麻酔処理装置 株式会社前川製作所 炭酸ガス麻酔により豚を失神させ肉質(内臓)への影響がないと畜条件と装置の開発(ストレスのないと畜を行うことによって肉質の向上を図る装置の開発。)
18-03 豚腹脂自動除去装置 アルファテック株式会社 豚のと畜工程において豚枝肉の胸腔内面の腹脂肪を自動的に除去する装置の開発。
18-04 豚枝肉背骨除去装置 南九州畜産興業株式会社 部分肉処理における背骨除去作業を懸垂状態で自動的に行う装置の開発。
18-05 牛肉包装後水切装置 株式会社ニッコー 牛肉部分肉包装後に表面についた水滴を高保水性の特殊ウレンタンとエアーブローの組合せで除去する装置。
18-06 鉈型刃による生肉用スライサー 株式会社なんつね 鉈型刃を利用した生肉加工用のスライサーで肉塊の自動投入連続運転が可能。
18-07 豚赤物成型機 株式会社ミートランド 豚の赤物内蔵の柵切り加工の機械化を図り、自動的に追込み、固定、切断する機器(自動搬送装置による送り込み及び送り出し工程の中で圧縮空気動力によっての固定、切断をする半自動機器の開発)