平成15年度 食肉処理施設総合改善効率化技術開発事業


開発 開発課題 開発組合員 開発内容 備考
15-01 牛用殴打式スタニングシステム 東西マシン(株) と畜における危険部位(髄液)の流出防止とスポット発生を防止するため、ピッシング(延髄破壊)を使わない殴打式のスタニングシステムを開発 15年度
終了課題
15-02 豚剥皮補助装置 東西マシン(株) 枝肉脂肪層の剥離の防止と原皮B、C級製品の発生防止を図るため、「ダウンプーラー方式による自動剥皮機」の補助装置を開発 15年度
終了課題
15-03 牛・豚肉の電気刺激による熟成促進装置 花木工業(株) 電気刺激によって、死後硬直、解硬の工程を短時間で終了させ肉の熟成を促進させる装置の開発 15年度
終了課題
15-04 ドライスチームによるコンベアー殺菌装置 (株)ニッコー 枝肉カット、部分肉搬送ラインにおいて、ドライスチームを使い乾燥状態でコンベアの殺菌をする装置の開発 15年度
終了課題
15-05 豚大腸切開機 日野工業(株) 紐状にした大腸を内容物との接触がない衛生的な切開をするため、既開発の大腸切開機の改良機器の製作 15年度
終了課題
15-06 豚ロース・バラ半自動除骨システム マトヤ技研工業(株) 豚ロース・バラ部位の処理のスピードアップと労力の軽減化のため、肋骨脱骨、ロース・バラ分割、胸椎、腰椎脱骨の半自動化を測るシステムの開発 17年度
継続課題
15-07 豚枝肉自動水切り・殺菌装置 マトヤ技研工業(株) 枝肉の衛生的処理、作業工程の低減を図るため、スチームバキューム方式による汚れ除去、水切り、殺菌訴追の開発 16年度
終了課題
15-08 牛大腸自動切開洗浄機 (株)トモエ鉄工 大腸切開における衛生面の向上を図るため、二重構造のパイプを用いて腸内容物の除去・切開する機器の開発 15年度
終了課題
15-09 2枚刃回転式ミートスライサー (株)フロンティア 歩留まりの向上、処理能力、操作性の向上を図るため、2枚刃を使って往復運動で肉をスライスするスライサーの開発 16年度
終了課題
15-10 豚うで部位自動前処理装置 (株)前川製作所 半自動豚うで部位除骨装置への供給するため、前腕骨、上腕骨周り及び肩甲骨筋入れ作業の自動化を行う前処理装置の開発 17-03
へと継続
15-11 部分肉処理工程における水圧駆動システム (株)前川製作所 小型でパワーが大きく、衛生的なアクチュエーターである水圧機器を食肉処理自動化装置に組み込むため、自在に水圧機器を操作する制御技術の開発 15年度
終了課題
15-12 豚正中線切開機 (株)ミートランド 処理ラインの効率化と衛生化のため、恥骨から胸骨までの正中線を切開するハンディータイプの切開機の開発 15年度
終了課題
15-13 豚棘突起剥離機 (株)ミートランド 部分肉カット工程の効率化に有効なロース除骨作業の省力化を図るため、温と体で棘突起の剥離をする機器の開発 15年度
終了課題
15-14 牛・豚長骨切断機 (株)ミートランド 人手による危険作業の回避と効率化のため、大腿骨等長骨の小型自動切断機の開発 15年度
終了課題

戻る